投稿日:2023年8月17日

造成工事の主な手法4種を徹底解説!

こんにちは!
広島県三次市の拠点を中心に、東広島市などで土木工事のほか、リフォーム・リノベーションなどを行う株式会社HRKです。
造成工事を行う場所は平らな土地の宅地だけでなく、軟弱な土地や木が生い茂る場所のほか傾斜地もあります。
このような土地を活用したいと思う方の中には、どのような工事を行うのだろうと気になる方も少なくありません。
今回は造成工事の主な手法4種をご紹介します。

粗仕上げ・砂利整地

造成工事の様子
造成の粗仕上げはシンプルな方法であり、土地を簡易的に整地する作業です。
工事は住居の解体後にコンクリートガラや石、木くず、ガラス片などを手作業や重機で撤去し転圧機で締め固めます。
粗仕上げでは雑草を取り除いたり、砂利を敷き詰めたりする作業までは行いません。
整地の仕上げは、細かい石まで撤去し重機で転圧するなど業者によって異なるため、処理方法について確認する必要があります。
砂利整地は、粗仕上げより丁寧にガラや石などを撤去し、土地の高さ調整を行った上で砂利や砕石を敷き、重機などで転圧する工事です。
砂利は防犯対策や駐車場、校庭などに活用され、土地の見た目も良く雨の水はけも強化できます。

防草仕上げ・コンクリート/アスファルト舗装

防草仕上げとは、整地後に雑草が伸びたり増えたりするのを防ぐときに行います。
雑草の除去作業は出来上がりを左右するため、雑草の根っこまで事前にしっかり処理し、防草シートを被せることが重要です。
コンクリート・アスファルト舗装は、整地後の土地をパーキングに利用するとき、砂利舗装以外に用いられる工事です。
作業は、土地の高さを整え水勾配などを測り砕石舗装を行った上で、コンクリートあるいはアスファルトで舗装します。
コンクリートはコストが高く工期も要しますが、寿命が長く補修回数もほとんどありません。
アスファルトはリーズナブルな費用でスピーディーに作業を完了しますが、耐久性は低いため用途に応じて検討すると良いでしょう。

内装リフォームなどに対応中です!

CONTACT
弊社は安定した施工技術と、正確な作業で人々の暮らしを支える工務店です!
創業以来、土木工事をはじめ内装リフォームなど幅広い施工に携わり、技術と知識を向上してきました。
施工は予算や工期、現場の状況を見極め、プロの目線から最適な提案を行い、熟練の技術を活用した品質の高い施工をご提供します。
造成工事など土木工事・各種リフォームのご相談は弊社にお任せください。
お問い合わせフォーム・お電話へのご連絡をお待ちしています。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

リフォーム・土木工事は広島県三次市の『株式会社HRK』へ
株式会社HRK
広島県知事許可(般-3)第040315号
〒728-0013
広島県三次市十日市東6-1-1
TEL:0824-55-6620 FAX:0824-53-1980
※営業電話お断り


関連記事

株式会社HRKが解説!リフォーム工事の魅力とは?

株式会社HRKが解説!リフォーム工事の魅…

株式会社HRKは広島県三次市を拠点に、戸建て住宅のリフォームをはじめ、マンションや店舗など幅広い施工 …

猛暑に備えて窓の断熱リフォームを検討しませんか?

猛暑に備えて窓の断熱リフォームを検討しま…

近年は猛暑日を観測する日が増えていますよね。 熱中症のリスクを下げ、室内の温度を快適な状態にするため …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社HRKでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサー …

お問い合わせ  各種募集