投稿日:2023年8月14日

造成工事が必要なケースとは?工事の流れもご紹介

こんにちは!
広島県三次市に本社を置く株式会社HRKです。
弊社は東広島市など県内周辺の土木工事のほか、内装リフォーム工事を行っています。
造成工事は建造物の建設時などに行われており、土地の状況によって適切な工事を行う必要があります。
建設現場では大型の建設機械を使用することもあるため、何が行われているのだろう、と気になることはありませんか。
今回は造成工事が必要なケースや、工事の流れについてご紹介します。

造成工事とは

造成工事現場の様子
造成工事は住宅の建設予定地を整える工事であり、宅地造成規制法にもとづき都道府県知事などに申請が必要です。
建築物を解体した後の土地は、コンクリートや石、木くず、ガラスなどを撤去し重機で転圧作業を行って土地を締め固めます。
造成工事は土地の用途にあわせて工事を行うため、山地や森林、農地など遊休地を活用できるメリットがあるのです。
工事の種類はいくつかあり、土地の条件や施工場所によって工期や費用が異なります。

造成工事が必要な土地

造成工事は有効活用できる土地のほか、安全性を高める必要のある土地などに行います。
例えば、住宅地は四角形に整えた方が利用しやすいため、変形している土地や複雑な形の土地は造成が必要です。
山の斜面など土地の高低差がある場合は、床面が平行になるように土地を調整し、段差をつけてなだらかに造成します。
田畑などの地盤が軟弱な土地は、腐葉土を取り除きセメントや鋼杭などで地盤改良を行い、強度を改善します。

造成工事の流れ

造成工事は土地の地盤調査を行って強度を把握し、がれきなどを取り除き重機やローラーなどで平らにして地固めを行う整地を行います。
土地に木がある場合は伐採・抜根によって根も取り除きます。
弱い土地は建設物の用途にあわせて地盤改良を行い、建物を支える力を備えなければなりません。
土地が道路より低い位置や高い位置にある場合、盛土・切土・土留めを行います。
工事中に発生した不要な土は処分し、造成工事を完了します。

株式会社HRKへお気軽にご相談ください!

パソコンと書類とペン
土木工事は暮らしに重要な工事のため、細部まで責任を持ち精度の高い施工を行うことが重要です。
弊社は土木工事一式を手掛けた豊富な実績があり、災害時のインフラ整地など災害復旧工事も手掛けている工務店です。
暮らしを守る重要な工事である認識と責任において、技術の向上に努めています。
スタッフは現場の状況やお客様のニーズを考慮し、正確かつ品質の高い施工を行います。
ご相談・ご依頼は、お問い合わせフォームまたはお電話へご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

リフォーム・土木工事は広島県三次市の『株式会社HRK』へ
株式会社HRK
広島県知事許可(般-3)第040315号
〒728-0013
広島県三次市十日市東6-1-1
TEL:0824-55-6620 FAX:0824-53-1980
※営業電話お断り


関連記事

内装工事の種類を徹底解説!

内装工事の種類を徹底解説!

今回は内装工事をご検討中の方向けに、内装工事の種類を徹底解説します。 内装工事の種類 クロスの張り替 …

今回外構工事になります

今回外構工事になります

今回はH様邸の外構フェンスを作成しました。 木製素材のフェンスを使用し、モダンな作りに仕上がりました …

プレハブ 外壁工事

プレハブの外壁工事を行ないましたので、ビフォーアフター形式でご紹介いたします。 プレハブ 外壁工事 …

お問い合わせ  各種募集